松島温泉の紹介

matsushima_20140612_02_007a

日本の美しさ、日本三景松島を愉しむ旅

仙台からJR仙石線に乗って揺られること25分、降り立つのは松尾芭蕉も愛した松島の地。昼間の松島はもちろんだが、月夜の松島、朝陽が昇る松島の景色はまさに絶景。ぜひ体験していただきたい。

20140715123623

『松島の月 洗心にかかりて…』

芭蕉は奥の細道に旅立つ際、その浮き立つ心を「松島の名月がまず気にかかって」とあらわしている。古くから歌枕としても使われた松島の月は松の島々から昇り、湾内のさざ波を銀色に煌めかせる神々しさから『銀の波』と呼ばれました。温泉から『銀の波』と輝く当時と変わらない松島の絶景を眺めながらゆったりとお過ごしください。